<< Firefoxの画面スクロールショートカットについて | TOP | Thunderbird, 一時的にダウンロード停止 >>
☆JUGEMは優れたシステムだと思いますが、いかんせんアクセスが出来ないほどの重さになってしまいましたのでサーバーを移動いたします。移動先はhttp://anonym.jp/appleshop/になります。大変お手数ですが、リンクの変更をお願いいたします。JUGEMのエントリーに関しましては現在コメントとトラックバックを停止させていただいておりますのでご了承ください。JUGEMのページもしばらくはこのままで保存をしておきます。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
OSX MailからThunderbirdへの移行方法
Thunderbird1.0 for OSX 日本語版が出て丸一日経ちましたが、皆さんお使いになられましたか?

さて、乗り換えに関して一番の障害となるデータ移行です。

◇移行が必要なものとそれに必要なソフト
・アドレス帳
  必要ソフト:Address Book Exportermi
・メールアカウント
  必要ソフト:特に無し
・今までのメール
  必要ソフト:特に無し

◆アドレス帳の移行
これはおなじみのAddress Book Exportermiを使います。
1. Address Book Exporterを起動する。
2. 書き出し設定をクリックして必要な情報を選択する。
3. 「現在の設定で書き出す」にチェックが入っている事を確認し、「アドレスブックの書き出し」をクリックする。
4. 適当な場所(デスクトップが便利)に保存する。
5. miで「書き出されたアドレスブック.txt」を開く。
6. 文字コードを「Unicode (UTF8)」に変えて保存する。
7. Thunderbirdを起動する。
8. 「ツール」「インポート」を選択する。
9. 「アドレス帳」を選んで「次へ」進む。
10. 「Text file (LDIF, .tab, .csv, .txt)」を選んで「次へ」進む。
11. 先ほどの「書き出されたアドレスブック.txt」を「開く」。
12. アドレス帳のフィールドとインポートするレコードの項目を合わせて、「OK」する。(ちょっとわかりにくいです)
以上です。

項目がうまく合わない時は取り込んだアドレス帳を選んで「delete」すれば消す事が出来ますので、再度取り込んでください。インターフェイスがいまいちなので何度かやり直す必要があるかと思います。


◆メールアカウントの移行
これは、じつはうまくいきませんでした。
一度Eudoraなどの他のメールソフトを経由できれば良いのでしょうが、あいにくもっておらず、そうたいした作業でもないので手打ちで入力し直しました。


◆今までのメールの移行
受信フォルダに全部放り込んでいるひとは簡単ですが、細かくサブフォルダを作って整理している人ほど面倒くさくなります。(サブフォルダに関しては最後に記述します)
この作業をする前に、必ずメールアカウントの設定はすませておいてください。
Thunderbirdは終了してください。

・移動元(今までのデータの所在)
 HOME/ライブラリー/Mail/あなたのMailアドレスの名前のフォルダ/
この中に「INBOX.mbox」などの名前の書類があります。

Deleted Messages.mbox:消去されたもの→移動後の名前「Trash」
Drafts.mbox:下書き→移動後の名前「Drafts」
INBOX.mbox:受信したもの→移動後の名前「Inbox」
Junk.mbox:迷惑メール→移動後の名前「Junk」
Sent Messages.mbox:送ったもの→移動後の名前「Sent」

全部を移動しなければならない訳ではなく、基本的には「INBOX.mbox」と「Sent Messages.mbox」だけで良いと思います。

・移動先
 HOME/ライブラリー/Thunderbird/Profiles/xxxxx(任意).default/Mail/Local Folders/

・手順
1. 移動元の「INBOX.mbox」を「control-クリック」して「パッケージの内容を表示」する。
2. 中にある「mbox」を「コマンド-C」で「コピー」する。
3. 移動先の「Local Folders」の中に「コマンド-V」で「ペースト」する。
4. ペーストした書類の名前を「Inbox」にする。
5. 同様に「Sent Messages.mbox」を「control-クリック」して「パッケージの内容を表示」する。
6. 中にある「mbox」を「コマンド-C」で「コピー」する。
7. 移動先の「Local Folders」の中に「コマンド-V」で「ペースト」する。
8. ペーストした書類の名前を「Sent」にする。

必要であれば同様に他の書類も移動してください。

これでThunderbirdを起動すれば自動的に読み込まれます。
最初は全てのメールの状態が「未読」状態になっていますので、必要に応じて「既読」に変更してください。

全ての受信メールを受信フォルダの中に入れている方は以上で完了です。

サブフォルダに整理している方は、そう、ご想像の通りフォルダの数だけ上記作業を繰り返す事になります。

移動元は
 HOME/ライブラリー/Mail/あなたのMailアドレスの名前のフォルダ/Mailboxes/
この中に分類に使用しているフォルダの名前のついた「xxx.mbox」が入っていると思いますので、上記のように「Control-クリック」で中身を表示して、コピペしてください。

移動先は
 HOME/ライブラリー/Thunderbird/Profiles/xxxxx(任意).default/Mail/Local Folders/Inbox.sbd/
になります。
この中に「mbox」をコピペしたら「元のフォルダの名前」に変えてください。

以上です。
あとは、Thunderbirdを起動してください。


さて、なんで上記の作業でわざわざ「コマンド-C」と「コマンド-V」を使ったかと言うと、パッケージの中身はドラッグコピーできないからです。パッケージからの取り出しは問題ないんですけど、「mbox」を間違えてコピーではなく移動をしてしまうとパッケージの中に戻せなくて焦ります。もちろん完全に乗り換えるからもうOSX Mail側にデータは残らなくても良いのであればいいのですが、念のために残しておいた方が良いでしょう。

万が一ドラッグで移動させてしまった場合は慌てず「コマンド-C」と「コマンド-V」を使っていただければ元に戻せます。その後、不要な書類を捨ててください。


早いとこワンタッチで移動するAppleスクリプトを組んでいただける開発者の方いらっしゃいませんかね(自分で組めって、笑)。そうでないと、移行に手間がかかってはせっかくの良いソフトなのに移行者が躊躇してしまいます。

正直な所、ある程度書類の階層について理解をしていないと訳が分からなくなります。
できれば一旦「Mail」のフォルダをバックアップしておいた方が良いと思います。
23:20 | Tips | comments(13) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
23:20 | - | - | -
コメント
管理者の承認待ちコメントです。
2004/12/27 9:35 PM by -
コメント
管理者の承認待ちコメントです。
2004/12/27 11:37 PM by -
コメント
管理者の承認待ちコメントです。
2004/12/28 11:29 PM by -
コメント
管理者の承認待ちコメントです。
2004/12/29 2:32 AM by -
コメント
管理者の承認待ちコメントです。
2005/01/03 12:06 PM by -
コメント
管理者の承認待ちコメントです。
2005/01/03 10:50 PM by -
コメント
管理者の承認待ちコメントです。
2006/03/14 2:22 AM by -
コメント
管理者の承認待ちコメントです。
2006/03/18 7:01 PM by -
コメント
管理者の承認待ちコメントです。
2006/03/19 1:45 PM by -
コメント
管理者の承認待ちコメントです。
2006/03/20 3:50 AM by -
コメント
管理者の承認待ちコメントです。
2006/03/23 3:38 AM by -
コメント
管理者の承認待ちコメントです。
2006/03/23 11:28 PM by -
コメント
管理者の承認待ちコメントです。
2006/03/25 10:59 PM by -
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://apple-shop.jugem.jp/trackback/86