<< iPodのシリコン版は2005年3月までに発売で65ドル? | TOP | Amazonでオンデマンド出版, 絶版マンガを一冊から印刷だって >>
☆JUGEMは優れたシステムだと思いますが、いかんせんアクセスが出来ないほどの重さになってしまいましたのでサーバーを移動いたします。移動先はhttp://anonym.jp/appleshop/になります。大変お手数ですが、リンクの変更をお願いいたします。JUGEMのエントリーに関しましては現在コメントとトラックバックを停止させていただいておりますのでご了承ください。JUGEMのページもしばらくはこのままで保存をしておきます。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
F901iCはiTunes対応って、ほんとにそれで対応って言っていいのか?
F901iCはiTunes対応と大きく報じられていますが、iTunesの画面からドラッグアンドドロップで専用ソフトに移すって書いてあります。これで対応と言うならドラッグアンドドロップできるどんなソフトでも対応ではないですかね。せっかくAAC対応ならマスストレージで直接コピーすればいいんじゃないかと思うんですけど、もしかしてRealのハーモニーを使っていてITMSから買った曲も移せるとかだったりして(笑)。

それよりもF901iCで気になったのはモリサワのフォントが使われていることです。最近フォントワークスに食われ気味で静かだと思ったらプラットフォーム乗り換えを画策しているようです。確かに携帯電話の方が圧倒的に数が出ますので目の付けどころとしてはよいですね。違法コピーもされませんしね。
03:44 | News | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
03:44 | - | - | -
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://apple-shop.jugem.jp/trackback/76