<< iPod Hack でキティーちゃん | TOP | iBook 1.2GHz 14.1"大バーゲン, 20%OFFの上1万円ギフト券還元, 1.2GHz, 256MB, 60GB, DVD/CDRW >>
☆JUGEMは優れたシステムだと思いますが、いかんせんアクセスが出来ないほどの重さになってしまいましたのでサーバーを移動いたします。移動先はhttp://anonym.jp/appleshop/になります。大変お手数ですが、リンクの変更をお願いいたします。JUGEMのエントリーに関しましては現在コメントとトラックバックを停止させていただいておりますのでご了承ください。JUGEMのページもしばらくはこのままで保存をしておきます。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
USBフラッシュメモリのフォーマットは?
フロッピーディスクに取って代わる勢いのUSBフラッシュメモリですが、基本的にはDOSフォーマットされた状態で販売されています。Macでもこのまま問題なく使えますのでそのまま使われている方がほとんどだと思います。私もそうでした。コレはコレでWindowsでもそのまま使えるためにデータの受け渡しにも便利でした。ところがこの前何の気なしにDiskUtilityでフォーマットしてみた所、いつのまにかHFS+で初期化できるようになっていました。そこで、オヤッと思いフォーマットし直した後に使ってみると、マウント、読み込み、書き込み共に速い速い。DOSフォーマットとは雲泥の差です。

Windowsと共用する場合は別ですが、Macでしか使わない場合はフォーマットのやり直しをお薦めします。

ちなみにOS9のドライブ設定ではフォーマットする事は出来ませんが一旦OSXでHFS+にしてしまえばOS9でも問題なく使う事が出来ます。

そんな事は常識だといわれるかもしれませんが(笑)USBフラッシュメモリはDOSフォーマットでしか使えないものだと思い込んでいただけに、目から鱗の一瞬でした。

Logitec LMC-256UD2L USB 2.0フラッシュメモリ256MB
Logitec LMC-256UD2L USB 2.0フラッシュメモリ256MB
コレ、安くないですか? 256MBで¥3,801 (税込)でした。


EDP2-2G USB 2.0/1.1対応 フラッシュメモリー 2GB
EDP2-2G USB 2.0/1.1対応 フラッシュメモリー 2GB
これは、でかいけど高いですね(笑)。
03:09 | Tips | comments(0) | trackbacks(1)
スポンサーサイト
03:09 | - | - | -
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://apple-shop.jugem.jp/trackback/64
トラックバック
2004/12/10 5:34 AM
私は以前までWindowsとMacのデータ交換にFDを使用していました。FDに収まりきらないサイズのファイルの場合はCD-RWなどを利用するわけですが、そのような場合は日常ではそうそうありませんので、FDの活躍機会は多かったのです。ところが、後輩がUSBフラッシュメモリを
ゆく河の流れ