<< Appleもやっと本気になってくれるのか, AU用スクリプト発表 | TOP | フリーのメールソフト Thunder Bird for OSX 0.9 日本語化 覚書 >>
☆JUGEMは優れたシステムだと思いますが、いかんせんアクセスが出来ないほどの重さになってしまいましたのでサーバーを移動いたします。移動先はhttp://anonym.jp/appleshop/になります。大変お手数ですが、リンクの変更をお願いいたします。JUGEMのエントリーに関しましては現在コメントとトラックバックを停止させていただいておりますのでご了承ください。JUGEMのページもしばらくはこのままで保存をしておきます。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
日本語入力プログラムって何を使ってますか?
以前はその見事なまでの誤変換効率から、その出来の悪さ自体を愛されていたことえりですが、OSX 10.3 Pantherのことえり4になってから見違えるほどの入力精度を見せるようになりました。私もOSXに乗り換える前までは多くの日本語入力プログラムにチャレンジし、結局OS9まではMacVJE-Deltaに落ち着いていたのですが、OSX10.3 Pantherに乗り換えてからは、ことえり4で十分不都合無く過ごしています。

もちろん各日本語入力プログラムにはそれぞれの特色があり、それぞれが強烈なファンを獲得している訳ですが、案外なんとなく選んだ一種類のみを使っている方も多いのではないかと思います。確かに日本語入力プログラムの乗り換えは結構な手間だし、実際自分に合っているかはある程度の期間使ってみないとわかりません。でも、日本語入力プログラムにまでこだわる人はテストしてる時間もないくらい忙しい場合が多いんですよね。なので、全部テストしてる暇はないんですよね。ある程度の特徴はメーカーの説明を読めばわかるのですが、結局最後には使ってみるしかないんですよね。この辺のいい方法論が見つかれば乗り換えユーザーは増えるかもしれませんよ、メーカーさん。


◆商用ソフト

ATOK17 for OSX
ATOK17 限定辞書パック
ATOKのユーザーは非常に多いようです。なんでATOKなの?と聞いてみるとほとんどの場合変換効率が非常に良いからとの返事が返ってきます。確かにこれは事実で、初めてATOKを使ってみたとき(ATOK8かな)にはその思った通りの文章を一発で作り出してくれることにひたすら感心するばかりでした。でも、実はすぐに使うのをやめてしまいました。OS9までの環境ではフリーズの頻発に耐えきれなくなったのでした。その頃はマイクロソフトオフィスとATOKを一緒に入れているとさらに不安定になったものです。オフィスの機能拡張を移動する裏技を使ったりもしましたが、最終的には変換効率と安定度を天秤にかけてオフィスもATOKも外してしまったのでした。
それ以来新しいバージョンのATOKが出るたびにATOKフリークの友人のシステムを使わせてもらうのですが、やはり独特のもっさり感や不安定さが自分には合わず、結局現在まで常用には至っていません。
ただし、まったく安定していて問題ないよといわれる方も多々いらっしゃいますので、自分との相性が悪いだけかもしれません。
もう一点、自動的に辞書を覚えるように設定しておくと、あなたの入力の癖をどんどん覚えます。たとえそれが変な区切りや変換ばかりだとしてもです。どうも使い込むほどにバカになるなあと思う方はご自分の変換の癖を見直されてください。
OSX用になってからも変換効率重視で行けば一番良いようです。ただし全体的な速度低下がかなりあるようです。


EG Bridge 15 for OSX
EG Bridge 15 with EG world Pure 9
一時期EG Wordを使っていた事もあり、かなり使用頻度が高かった日本語入力プログラムです。ATOKが出るまでは一番使われていたのではないでしょうか。ATOKほど賢くはないがことえり(1とか2)よりは断然よく、速度低下も少なく、不安定さも無い。一番ではないが欠点の無いという感じの非常に良い選択肢でした。特に選択肢を横一列に表示してくれるのは当時の小さなモニターでは非常に見やすかったおぼえがあります。
古参だし一番メジャーだと思っていたのですが案外知らない方も多く、ATOKでフリーズが増えたけどもうことえりには戻れないと嘆いている、そんな時にはEG Bridgeを紹介していました。OSX用も試してみました。EG Wordと合わせる事でヒラギノ完全対応で文字制限(旧漢字、異体字が全部OK)の無いすばらしい環境になることが売りでした。トラブルも出ず、フリーズもなし。ただ、ことえり4よりもほんの少しだけ重くなってしまうために乗り換えまでには至りませんでした。完全にことえり4に落ち着いた今もキーの割当でEG Bridgeの癖が抜けないものもあります。現在のバージョンは15ですがOS9で動くのは13までです。

MacVJE-Delta Ver.4.0 for Mac OS X
一番ストレスが無く、OS9では最終的にこれを使っていました。当時一番の利点はその軽さで、それを可能にしていたのが辞書をメモリーに読み込む機能でした。この機能のおかげでずいぶん辞書変換の速度的ストレスが少なくなったものです。AI変換も無かった当時でも変換のタイミングを調節しながら単語登録をきちっとしていけばまったく問題のない変換をしてくれていました。OSX用になってからはダウンロード販売のみになり、デモ版も無く、残念ながら試せていません。OS9までの最終バージョンは1.0aです。

WXG Ver.4 For Macintosh
MacVJE-Deltaの開発が止まり新しいバージョンのOS対応がうまく出来なくなりそうだった頃に次善の確保として使用を検討してみた日本語入力プログラムです。長文変換に強くかつ非常に精度が高く、なのに動作が速い。さらに元号変換など便利な機能もあり、内容的にまったく不満はなかったのですが、細かい使い勝手の移行にどうしてもうまく行かない部分があって(つまり自分の癖を変えられなかったということですね)乗り換えをしませんでした。非常にマイナーでしたが優れたプログラムでOSX用の開発が行われていない事を残念に思います。最終バージョンは4で、漢字Talk7.5.3以上(MacOS8.5/8.6/9.0/9.1/9.2対応)でMacOS8以上推奨になっています。


◆フリーウェア

MacUIM
AquaSKK

キー配列調整
" target="_blank">Tesla(親指シフト)

X11
X11 for Mac OS Xでことえりを使う

他にいいものがあったら教えてくださいね。
23:59 | 3rd Party Software | comments(2) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
23:59 | - | - | -
コメント
管理者の承認待ちコメントです。
2004/12/07 10:34 PM by -
コメント
管理者の承認待ちコメントです。
2004/12/07 11:30 PM by -
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://apple-shop.jugem.jp/trackback/53