<< Googleに翻訳機能がついてるじゃないですか! | TOP | iPod用真空管アンプ, 今度はU2用の赤 >>
☆JUGEMは優れたシステムだと思いますが、いかんせんアクセスが出来ないほどの重さになってしまいましたのでサーバーを移動いたします。移動先はhttp://anonym.jp/appleshop/になります。大変お手数ですが、リンクの変更をお願いいたします。JUGEMのエントリーに関しましては現在コメントとトラックバックを停止させていただいておりますのでご了承ください。JUGEMのページもしばらくはこのままで保存をしておきます。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
ATIのグラフィックチップをクロックアップするソフト
最近Tipsばかりで商品紹介をしていないような気がします。とはいえ目に留まったもで使ってみて効果があったものは紹介したほうがいいですよね。ということで、今日もTipsです。

もうすっかりメジャーになりつつありますが、ATIcceleratorIIはOSX用のATIのグラフィックチップをソフトウェア的にクロックアップするツールです。早速入れてみたところ40%upで安定、体感速度はかなり上がり全体的にキビキビした感じになりました。気になる発熱や画面の乱れは今のところありません。

設定は簡単で右「Processor」と「Memory」の数字を大丈夫な範囲で少しずつあげていくだけ。上げすぎると画面が乱れたりフリーズしますのですぐわかります(笑)。つまり、壊れないポイントを少しずつテストするしか無いという事ですね。「Stock Frequencies」をクリックすると標準状態に戻ります。
左側の「Set custom frequencies at startup」にチェックを付けるとシステム起動時に自動的にクロックアップします。

ただし、不安定な状態で決定してしまうと不安定な設定を覚えてしまいますのでご注意ください。


一つ古いATIcceleratorの時は使えるチップも限られていたしどうも不安定だったのですが、今回は少し継続使用してみようと思います。

いちおうこれの他に何の役に立っているのかよくわからないATI DISPLAYS 4.4.2も入れてますが、あまり関係ないでしょう。

ちなみに制限無くクロックアップできるという事は、簡単にチップを壊しちゃう可能性もあるという事です。作者さんも注意されていますが、くれぐれも無茶はやめましょうね。
チップ焼くと修理代高いですから。
04:17 | Tips | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
04:17 | - | - | -
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://apple-shop.jugem.jp/trackback/48