<< OS9で起動するものしないもの(備忘録) | TOP | iチューンズ・ミュージックストア (ITMS-JAPAN) 3月にいよいよ始動!! >>
☆JUGEMは優れたシステムだと思いますが、いかんせんアクセスが出来ないほどの重さになってしまいましたのでサーバーを移動いたします。移動先はhttp://anonym.jp/appleshop/になります。大変お手数ですが、リンクの変更をお願いいたします。JUGEMのエントリーに関しましては現在コメントとトラックバックを停止させていただいておりますのでご了承ください。JUGEMのページもしばらくはこのままで保存をしておきます。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
OSX対応になったんですね, Canonの複合機MP770
Canon PIXUS MP770
Canon PIXUS MP770


PIXUS 4100についてはちょこっと書いたんですけど、なんとなくCanonのホームページを見ていたら一つ前の機種まではWindows専用だったCanonの複合機が今回出たMP770からはOSXで使える(残念、OS9はダメです)ようになっていることに気づきました。
4100の形ばかりに目がとらわれていました。複合機もいいもの出してるじゃないですか、Canonさん。

Canonのきれいなデザイン路線はまず複合機から始まったのですが、せっかくまともなデザインになったMP5とかMP370がWindowsでしか使えずに泣く泣くEpsonのCC600やPMA-870を購入した方も多いんではないでしょうか。

今回MP770には
完全縁なし印刷(4辺縁なし、コピーもOK)
両面自動印刷(差し替え不要完全自動)
CD DVDレーベル印刷(やっとつきました)
カラー液晶ビューワ(パソコンなしでデジカメ印刷可能です)
35mmフィルムスキャナ(6コマまで自動)
CCDスキャナ(廉価版のスキャナーに使われるLED式ではないです)
デジカメ直結印刷(年配の方はこちらの方がわかりやすいようです)
メディアリーダー(CF, SM, MS(PRO), MSDuo(PRO), SD, miniSD, MMC, xD, MD要するに、ほぼ全部)
ケータイ赤外線印刷(速度遅いですけど、無線です)
といった、今まで欲しかった機能がほぼ全部入りました。

CD DVD印刷が無いためにいままで複合機をためらっていた方は多いんじゃないでしょうかね。

あと、地味な機能ですが、よくぞ付けてくれたと思うのが「前面トレイ自動オープン機能」であるスマートトレイ。印刷やコピーを開始すると自動的に前面トレイが開いて排出された用紙を受けます。
プリント専用機では用紙置き場がホコリにさらされてしまうため紙を置きっぱなしにしておくと次の印刷時に村が出来てしまうのですが、MP770はそのような事がないように用紙は本体最下部の用紙カセットに収容されています。そのため普段は全面トレイを開けておく必要はありません。逆に閉めておく事で埃の侵入を防げます。

もちろんトレイ上に違うサイズの用紙を置いておく事も出来るため、日常的に二種類の用紙を使い分ける場合には便利です。(ただし、ホコリ対策はしないといけませんね)

印字速度が速いのもCanonの特徴です。複合機のためフラッグシップ機よりは劣りますが、それでもカラー17枚/分・モノクロ25枚/分の高速プリント/コピーを実現しています。夜の印刷音が不安ならタイマー設定で夜間を指定する事でその時間のみ自動的にサイレントモードになります。ゆっくり静かに印刷します

複合機ですが、コストダウンのための一体型インクではなく、独立インクなので切れた色だけ交換すればいいです。(悪くいえば予備インクのストックが全色分必要ですね、笑)

これで無線LANがつけば最高ですね。
あ、AirMacでいけるのかなあ。
20:08 | 3rd Party Accessories | comments(2) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
20:08 | - | - | -
コメント
管理者の承認待ちコメントです。
2004/12/13 4:32 PM by -
コメント
管理者の承認待ちコメントです。
2004/12/13 11:39 PM by -
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://apple-shop.jugem.jp/trackback/43