<< フィリップスタルクのマウス、やっと、やっと発売(喜 | TOP | Macと使うデジタル複合機, 伏兵が本命 Brother マイミーオ >>
☆JUGEMは優れたシステムだと思いますが、いかんせんアクセスが出来ないほどの重さになってしまいましたのでサーバーを移動いたします。移動先はhttp://anonym.jp/appleshop/になります。大変お手数ですが、リンクの変更をお願いいたします。JUGEMのエントリーに関しましては現在コメントとトラックバックを停止させていただいておりますのでご了承ください。JUGEMのページもしばらくはこのままで保存をしておきます。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
Macのデータ復旧はどうするのが一番良いか?
ジャーン、カリカリカリ、カリ、、、、、カタンカタン
画面にはひびの入ったフォルダーがチカチカ。

マックユーザーの誰もが一度は遭遇した事があるであろう悲しみの瞬間。

この瞬間、明日が締め切りの原稿や、徹夜で仕上げた論文や、やっと手に入れた超レアなファイルたちの行く末に、目の前が真っ暗になってしまった事でしょう。

あわてて0070-800-277531(*アップルコールセンター)に電話するも、そこで得られる答えは決まって「はい、アップルサポートセンターです。保証期間内ですので恐らく修理は無料で可能です。ただし、ハードディスクの内容は消去される可能性がありますのでご了承ください。ご了承いただけない場合は修理をお受けいたしかねます。」

違うのです。我々が欲しいのは「物」の修理だけでなく「中身」の修理なのです。

OS7や8の時代はこの分野はノートン先生の独壇場でした。
しかし、MacOSがOS9になったころから若干変化が生まれてきました。ノートンよりも復旧率の高いソフト(筆者経験による実績)がぽつぽつと現れてきたのです。

その筆頭がディスクウォーリアです。
ディスクウォーリア 3.0
ディスクウォーリア 3.0
OS7.1-OS9.2.2用(CD内に旧バージョンあり)およびOSX10.2.1以降用でG5にも対応

ディスクウォーリアはディレクトリの修復を独自の方法で行います。ノートンと比べるとその操作が非常にシンプルなため、なんとなく今までノートンを使ってきた方には信頼が置けないかもしれません。

なにせ、ワンクリックで調査、ワンクリックで修正。以上で終わりです。
設定項目も何もありません。

でも非常に強力です。

例えば、すでにハードディスクでは起動できずに、CD起動を試みた際に「このディスクは使えません、初期化しますか?」などと聞かれるようなケースではほとんどの場合きれいに復旧してくれます。

デスクトップにマウントできなくてもディスクウォーリアーがそのハードディスクを認識できさえすれば回復できる可能性が非常に高いのです。

もしハードディスクを認識する事ができなかったら、ノートンとディスクウォーリアを組み合わせて使います。
ノートン・システムワークス 3.0.1 for Macintosh キャンペーン価格版
ノートン・システムワークス 3.0.1 for Macintosh キャンペーン価格版
0S9.2以上およびOSX10.1.5以上用

ノートンユーティリティーズに含まれるディスクドクターには、認識されないディスクを強制的に検索して認識できるところまで持っていける機能がついています(カスタムでないと現れません)。これをつかって、ハードディスクを認識できるところまで持っていきます。そしてその後にディスクウォーリアをつかってディレクトリ修復を行うのです。(この方法はOS9のときにかなり有効でした)

この二本立てでさらに復旧できる確率は上がります。
(もちろんOSXだけでなく古いOSでデータ復旧を試みるときも、ソフトを組み合わせる事で確率が上がるのは同じです、ただしかける順番により確率が下がる事もありますので注意が必要です)


さらにお薦めな強力なアプローチもあります。
Data Rescue (v.103.1 & 4.3.1) 日本語版
Data Rescue (v.103.1 & 4.3.1) 日本語版
OS8以降用およびOSX用

ディスクウォーリアがディスク一式をまとめて救出するのに対して、Data Rescueは個別の書類を一つ一つ救い出す事に重点を置いています。

Data Rescueもディスクウォーリアと同じようにハードディスクが認識さえできる状態ならばかなりの高確率でデータの復旧をしてくれます。復旧率で言えばおそらくこちらの方がディスクウォーリアよりも上です。

OS9以前用バージョンのときはシェアウェアだったのですが、これがシェアウェアなのにノートンのアンイレースよりもはるかに強力に復旧をしてくれていたのでした。OSXになってからパッケージ販売になり露出度も増したのですが(買収されたのかな?)、今ひとつメジャーになれないのでここで強力にプッシュします。

注意点として、Data Rescueより先にノートンをかけてしまうと復旧率が落ちるケースが多いのでお気をつけ下さい。



マックユーザーのデータ復旧においては、この三種類をそろえておくのが最良の選択です。
この三本で駄目なら、基本料金だけで数万円は覚悟しなければならないような本格的なデータ復旧専門の会社に持っていくしか方法は無いでしょう。逆に言えばそんなに支払う事は不可能な、個人ベース、小規模事務所ベースではこの三本が必須とも言えます。

もし予算的な都合でどれか一つを選ばないといけないならば、もしくは最初の一本としてとりあえず用意をしておくならば、迷わずディスクウォーリアを選択します。
今まで、何度助けられたかわかりません。(ちゃんとバックアップしろよという突っ込みは置いといてください、笑)

次にはData Rescueを選びます。これはかなり専門的な復旧ができるソフトなため、使いこなせば専門会社のような復旧作業もできます。もちろん簡単設定もありますので、いきなりむずかしいわけではありません。ほんとになんでメジャーにならないのかが不思議なくらいの優れたソフトです。

そして最後にノートン先生です。残念ながら今後のOSXサポートをやめる事が決定してしまいましたし、使い方によっては逆に事態を悪化させる事も多いのですが、やはり大御所です。適材適所、ピンポイントで使えば十分に有用です。

アップルに電話をしてすげなく断られる前に、納期に間に合わずクライアントを失う前に、そして留年してしまう前に、ぜひ一度彼らを試してみてください。

おそらく、その力をいかんなく発揮して助けてくれると確信します。


そうそう、どうしてもうまく認識できないハードディスクの復旧に挑戦するときには、立てたり、裏返したりするとうまく認識する事があります。また、冷やしたり、連続した細かい振動(ひげ剃りとか、笑)を与えたりするとデータが抜けるようになったといった「噂」も聞きます。
いよいよ追いつめられたときはお試しくださいね。
00:22 | 3rd Party Software | comments(7) | trackbacks(8)
スポンサーサイト
00:22 | - | - | -
コメント
管理者の承認待ちコメントです。
2004/11/03 1:40 AM by -
コメント
管理者の承認待ちコメントです。
2004/11/03 2:00 AM by -
コメント
管理者の承認待ちコメントです。
2004/11/03 3:01 AM by -
コメント
管理者の承認待ちコメントです。
2004/11/03 10:18 PM by -
コメント
管理者の承認待ちコメントです。
2004/11/03 11:42 PM by -
コメント
管理者の承認待ちコメントです。
2004/11/04 2:00 AM by -
コメント
管理者の承認待ちコメントです。
2004/11/04 2:17 AM by -
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://apple-shop.jugem.jp/trackback/37
トラックバック
2007/02/16 4:43 PM
どーも【Cabos2006@Cabos情報局】 です。 Cabosをやって、一晩中パソコンに電源を入れっぱなしにした状態でいると、ハードディスクの寿命もあるので、段々パソコンから変な音がしてくることがあります。そのまま放置していると、 「キャー!」突然ハード
Cabos2006@Cabos情報局
トラックバック
2007/05/17 10:19 PM
携帯、デジカメ、PCも…IT機器、さらば水害http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/it/51065/万が一でも、電子機器を水損と呼ばれる状態にさせてしまったら・・・その製品はデータ復旧が無理かも。というよりは故障というべきか?知人に、携帯電話メ...
データ復旧...データ復旧の「い・ろ・は」
トラックバック
2007/05/29 12:36 AM
データ 復旧業社は色々あります。またデータ 復旧業社はどこも高価格です。かなりとられます。データの量が増えれば増えるだけ割り増しになります。いらないデータも復旧見積もりに入ってしまいます。私もハードディスクを壊して仕事用のデータを復旧しようと自分で試み
データ復旧
トラックバック
2007/05/29 8:37 PM
ハードディスクの障害の殆どは物理障害です。勿論修理の難度から論理障害より高額に設定されてます。しかし、多くのデータ復旧業者は物理障害の価格を伏せていたり、データ容量によっての増額などの価格を曖昧にしています。復元したいハードディスクにどれくらいの容量
データ復旧
トラックバック
2007/05/30 12:15 AM
一般的に論理障害とは故障ではなく、操作ミスなどの誤消去や誤フォーマット、誤ってFDISKなどで領域解放してしまったものをいうみたいです。分かりづらいですか?分かり易く言うと、パソコンでハードディスクにアクセスしてもデータがひらけない、読めない、しかし
データ復旧
トラックバック
2007/05/30 2:05 AM
データ復旧するのにあたり、高額になってしまうのが物理障害です。これはもう呼んで字の如く壊れてます><機械的に壊れてるということですね。これはもうデータ復旧業者の領域です。初期段階の症状の時にはまだデータ復旧ソフトでデータ復旧出来る時がありますが、物理
データ復旧
トラックバック
2007/06/09 11:58 PM
データ復旧のことを書き始めました
ハードディスク修復・データ復旧 情報館
トラックバック
2008/08/09 11:56 AM
ハードディスク データ復旧についての情報です。
バックアップ