<< UJ-825で検索される方が多いのでまとめました(追記) | TOP | こいつMacにあうってばよ, CAMEDIA μ-mini DIGITAL(追記有、超お薦め!) >>
☆JUGEMは優れたシステムだと思いますが、いかんせんアクセスが出来ないほどの重さになってしまいましたのでサーバーを移動いたします。移動先はhttp://anonym.jp/appleshop/になります。大変お手数ですが、リンクの変更をお願いいたします。JUGEMのエントリーに関しましては現在コメントとトラックバックを停止させていただいておりますのでご了承ください。JUGEMのページもしばらくはこのままで保存をしておきます。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
部屋に置けるプリンター, Canon PIXUS iP4100とかR
Canon PIXUS iP4100
Canon PIXUS iP4100


毎年今頃から各プリンターメーカーは年賀状印刷に向けて新製品を発表してきます。

正直なところ、インクの細かさと画素数を競うこのところの競争には飽きていました。

前回のモデルまでの自分の中での大手3社の位置づけは、

EPSON:
作画技術(画質)は一番高い。写真画質は一番派手できれい。プリンターとしての出発点から画質をあげていった感じ。CMもわかり易くてうまいし、それゆえ普通の人には勧めやすい。壊れやすい。一週間に一度は電源を入れないとすぐにヘッドが詰まる。ゆえに毎年の買い換えを前提とするプリンター。年賀状しか印刷しない人は毎年年末に新型を購入するのがおすすめ。デザインは最悪。見える場所に置きたくないので使わないときは押し入れにしまっておきたい。一言で表すと、技術。

Canon:
Canonの銀塩カメラやデジカメの色味がそのまま出る。銀塩写真の紙焼きをプリンターで表現する事を目標にした感じ。画素数はEPSONに劣るイメージだが出来上がった写真の粒状感はかえって少ない印象。色にこだわる人にはお勧め。CMがイメージ優先で購買意欲につながらない。ヘッドのつまりはEPSONよりはましだがやはり定期的に電源を入れないとすぐに詰まる。機関は強いので物理的な故障は少ない。デザインはEPSONよりましだが、部屋にだしておくほどではない。一言で表すと、感性。

HP:
良くも悪くもアメリカ的色合い。コダックのフィルムのような印象。業務用印刷機を手軽に使えるように転換していく感じ。画質は日本のメーカーと比べてかなり劣る。1, 2年前の日本のプリンターという程度。しかし壊れない。ヘッドがインクタンクと一体型なのでヘッド詰まりをしてもすぐに交換できる。仕事で使う人にはお勧め。効率の悪そうなデザインと外観の色合い。一言で表すと、アメ車。


で、結局自分が何を使っているかと言うとアルプスのMD5500P。写真画質は昇華型オプションを使ったとしても最新の他社プリンターよりかなり劣る。しかし一年以上放置しておいても間違いなく印刷ができるインクリボンシステムとレーザープリンター並のモノクロ印刷クオリティー。これが自分のスタイルにちょうどいい。デザインはシンプルで、ぎりぎり部屋にだしておけるレベル。難点は独自システムによるインクの入手難と紙送りシステムが弱いこと。メーカー直販のみの流通体制。故に予備機と予備インクが欠かせない。一言で表すと、職人。


でも、そろそろきれいな写真印刷が手軽にできるプリンターも欲しいなあと考えていたところにCanonの新型PIXUSシリーズの発表。昨年までのモデルと違い外観も幾分HP的ながら最近流行のデザイン家電っぽくしてきていい感じ。

コストパフォーマンス重視でiP4100にするか。iP4100は5色印刷だけど4800dpix1200dpiあるし、CDやDVDのダイレクト印刷もできるし、もちろん自動両面印刷可能。Canonの5色印刷はバランスがいいのでサービス版の写真なら十分。なによりAmazonでみると25,800円の3,000円ギフト券還元だから結局22,800円という低価格。これで十分じゃないかとお財布の神様が囁きます。

しかし、iP8600のスペックを見てみると、さすがにフラッグシップだけあって、初の8色インクだし、解像度は4800dpix2400dpiだし、USB2.0。かなり快適できれいなんだろうなあ、とため息。値段は46,876円でギフト券還元も無しなのでiP4100の倍になっちゃいます。正直なところこれは高いなあ。iP8100とかiP7100は中途半端だから、ここら辺にするならiP4100で十分ですね。ちなみにiP3100は色がかっこわるいのでパスです。

よしiP4100にするぞと思ってよく見るとiP4100って2種類あるなあ。iP4100とiP4100R。Rってなんだろうと思ってスペック見ると、おっ、無線LAN付き。そりゃあ、こっちに決まってます。ケーブルの無い生活に慣れると、USBケーブルは邪魔者以外の何者でもない。値段は32,853円の3,000円ギフト券還元で29,853円。iP4100とは約7,000円の差額。有線LANもついてるみたいだし、ネットワーク対応の利便性を考えると差額として全然高くはない。

オーダーオーダー、ポチッと、あ、iP4100Rだけ11月30日発売だ。うーん、ふた月も先かあ。

ちょっと待っとこう。

追記:
おなじみスタパ齋藤さんのレポート
iP8600についてですけど、興奮してるのがよくわかる楽しい文章でした(笑)
18:07 | 3rd Party Accessories | comments(9) | trackbacks(2)
スポンサーサイト
18:07 | - | - | -
コメント
管理者の承認待ちコメントです。
2005/03/13 10:04 PM by -
コメント
管理者の承認待ちコメントです。
2005/03/14 12:56 AM by -
コメント
管理者の承認待ちコメントです。
2005/03/17 10:06 PM by -
コメント
管理者の承認待ちコメントです。
2006/03/14 2:16 AM by -
コメント
管理者の承認待ちコメントです。
2006/03/17 9:31 PM by -
コメント
管理者の承認待ちコメントです。
2006/03/18 4:12 PM by -
コメント
管理者の承認待ちコメントです。
2006/03/19 10:44 AM by -
コメント
管理者の承認待ちコメントです。
2006/03/20 12:21 AM by -
コメント
管理者の承認待ちコメントです。
2006/03/22 11:35 PM by -
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://apple-shop.jugem.jp/trackback/18
トラックバック
2007/05/24 9:24 PM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
-
トラックバック
2007/07/23 1:13 PM
こんなのもありますよ。
uha2.net